水泳の痩身作用

シェイプアップにはスイミングが素晴らしいというヒトは少なくないですが、スイミングのシェイプアップ効果ははたしてあるでしょうか。カロリー消費分量が大きいために、スイミングはシェイプアップに良いといいます。ウェイト55間隔の女性が1期間歩いて消費するカロリーは120キロカロリーだそうですが、スイミングの場合には平泳ぎ1期間で600キロカロリー消費するといいます。クロールの場合だと1000キロカロリー位になるようです。スイミングで水に入るといった水圧が健康にかかります。水圧は誠に1.3トンにもなるといいます。水圧は血流促進効果や、交替を盛んに講じる効果をもたらします。腹筋や背筋ものの、水の外部で立ち向かう動きではあまり使わない筋肉が使えます。地上における場面よりも、水の抵抗があるぶん海中の方が動き難くなります。動きに必要なスキルは10倍になるといいます。水の中で体調を動かそうとするとそれ程カロリーを使います。海中散歩も、シェイプアップに役に立つと言われています。意識して取り扱うことが難しいインナーマッスルを刺激することもできるとされています。膝関節や腰などを痛めているヒトや、ウェイトがある程度起こるヒトは、関節に刺激の増える陸上での動きが酷い場合があります。スイミングの場合は、水中で浮力がなるので膝や腰へのストレスが少ないので、健康的なシェイプアップにはもってこいの動きだ。歩きにも負担がかからないので下半身に筋肉がつきすぎることもありません。スイミングの場合、温水ジムであっても体温よりは少ない気温だ。水の中での動きがシェイプアップにいいのは、水温で体調が冷えすぎないように、野望を消費して高熱をつくっているためでもあります。シェイプアップを成功させるためには、スイミングや水中での動きが適しているといいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ