就職活動のためには

就職活動のためには、どんなことをすればいいか見当もつかないという人は意外と多いようです。どんなことから手をつけると、効果的な就職活動が可能でしょう。会社説明会の情報を集め、まずは行ってみることです。就職セミナーや会社説明会と呼ばれるこの会では、その会社への就職を希望する人が集められて採用試験に関する話を聞いたり、企業説明を受けたりします。企業によっては、会社概要の説明だけでなく、面接や筆記試験を同日に行ったりします。参加者には筆記具を持って来るように言っておき、筆記試験を行って一次選考をする会社もあります。就職活動の一環として、就職している卒業生へのOB訪問があります。OBの人から就職活動の体験談や、実際に働いてみての感想を聞きながら、職場のムードや、企業側の思惑などを見さだめていきます。OB訪問の目的は、成功話を聞くことではなく、企業に関する情報をキャッチすることが重要になります。敬語で話しながらも、自然体で距離をはかることがOBとの会話では大事です。その時の態度が、採用担当に筒抜けだと考えておきましょう。3年生の夏休みなど、就職活動が始まる前にインターシップを活用するという方法もあります。学生に一定期間職場体験をさせる制度で、大学によっては単位としても認められています。インターシップを受け入れる企業側も、見込みのありそうな人物を発掘するチャンスになっています。就職活動の準備代わりに、インターシップで経験を積んでおくのも役に立ちます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ