ビタミンB群が取れるサプリメントを利用する人が増えています

最近、ビタミンB群が取れるサプリメントを利用する人が増えています。ビタミン類はたくさんの種類がありますが、その中から同じような働きを持つビタミン類をひとまとめにしてビタミンB群とよんでいます。人間のビタミンとしては現在13種類が認められていますが、そのうちビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチンの8種類がビタミンB群とされます。この8種類の効能はそれぞれに違いますが、いずれも体内で補酵素として働くという点で共通しています。ビタミンB群は酵素で食品を消化するのを助け、効率良く栄養を吸収できるようにするのです。ビタミンB群のひとつである葉酸は体の細胞分裂を行っている酵素を助ける働きがあります。細胞分裂の盛んな発育期の子どもなどは、サプリメントで葉酸を補うといいでしょう。ビタミンB群に含まれるもののうちビタミンB1を取ると、食べものの中の糖質をエネルギーにする効率が上がります。このため、疲れ気味の人は、疲労からの回復に効果があるとされるビタミンB1のサプリメントを取るといいでしょう。ビタミンB群は健康にはなくてはならない栄養素であり、酵素の働きを助けて体の代謝機能を良くします。食べ物からひとつひとつビタミンB群の栄養素を摂取するのは大変です。サプリメントには8種類のビタミンB群の栄養素をバランス良く配合したものも販売されています。健康維持のためにのビタミンBのサプリメントを是非活用してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ