だんだんと頬のたるみが気になる人

年とるに従って、だんだんと頬のたるみが気になる人は大勢いるようです。どの部分がこれからたるみそうか、兆候を前もって見つけておいて対応するといいでしょう。

顔にどんな変化が現れたら、たるみがふえるようになると判断できるでしょう。指で頬を押しても、指が頬で押し戻される感触がない場合は、たるみができやすくなっています。

肌弾力がなくなるのは、年をとるに従って自然なことです。写真に写った自分を見たときに、りんかくがぼけて見える場合も、たるみの前ぶれです。起床時に、まくらの痕跡が頬にばっちりついたままだという人は少なくないようです。

顔のたるみのサインは毎日の生活のさまざまな場面で感じるのではないでしょうか。年をとるにつれて、重力に引かれてさがりやすい頬のたるみは、日々の様々な局面で表面化します。

実際の年齢より年老いて見えるのが、たるみの怖いところです。毛穴の引き締まり具合を確認することでも、皮膚のたるみは判別できます。目の回りや鼻の横は、しっかり見てみてください。皮膚が引き締まっていれば毛穴は小さく点に見えますが、皮膚がたるむとそれに伴って毛穴も広がり、楕円になっています。

手のひらで頬を支えたときに、伸びていた毛穴が目立たなくなったら、そのぶんは肌のたるみと考えられます。いきなり顔のたるみが起こることはあ、小さなサインを見逃さないことが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ